« 我が子を守りたい | トップページ | 【おもちゃ】安価なアクセサリーにご注意! »

インターネットにおける脆弱性トップ20リスト

昨年末12月28日に、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:寺田洋)が、米国の情報セキュリティ研究・調査機関The SANS Instituteの推進する「2005年 インターネットにおける脆弱性トップ20リスト」の日本語翻訳版を発表した。とあります。 このリストは5年前にFBIの関係機関と共同研究したレポートから始まり、今年の改訂でバージョン6になったそうです。組織や企業が今すぐに対策を必要とする必要最低限の20項目があげられており、調査はWindows、UNIXに限らず、クロスプラットフォーム環境での脆弱性などもリストアップされていることなどが特徴としてあげられています。何よりもすごいのは、この調査レポートは各国の政府、学会、業界のセキュリティ専門家の意見を受けて作成されていること。世界レベルで共通して対策が必要な問題だということがわかります。 この翻訳版はThe SANS Instituteのサイトに掲載されており、誰でもダウンロードと閲覧が可能です。私も早速ダウンロードしてみました。PDFで51ページ分のファイルでした。……Windows 2000やxpはすべて潜在的に脆弱であるとかかれていて、どきり。我が家のセキュリティ対策環境も少し見直す時期かもしれません。

Hacking:美しき策謀 Hacking:美しき策謀

(この記事は2006ー01-09にso-net blogに掲載したものです。)

|

« 我が子を守りたい | トップページ | 【おもちゃ】安価なアクセサリーにご注意! »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4400/8972947

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットにおける脆弱性トップ20リスト:

« 我が子を守りたい | トップページ | 【おもちゃ】安価なアクセサリーにご注意! »