« 斑尾タングラムへ行ってきました | トップページ | 【プレゼント情報】子ども向けフィルタリングソフト »

【防犯キーワード】いかのおすし

子どもが「安全教育に関するお願い」というお知らせをもらってきました。家庭でも「いかのおすし」というキーワードを使って防犯教育をして欲しいという内容でした。

◎「いかのおすし」のおやくそく
1.知らない人に声をかけられてもついて「いか」ない
2.車に「の」らない
3.「お」お声をだす。
4.「す」ぐに逃げる。
5.おとなに「し」らせる。

ご想像が付くとおり、イカのお寿司が大声出して走っているイラストが付いてました。欧米ではどんなキーワードを使っているのでしょうね。ご存じの方がいらしたら教えて下さいね。

と、書いてからセコムの「子どもの防犯」ブログを見に行くと、「知らない人についていってはダメ!」は子供に通じない?という記事を発見。その記事によれば、

ただ「知らない人」と教えるのでは、子供は「どのレベルからが知らない人なのか」、の区別がつきません。子供に教えるときは、たとえば、「あなたが名前を知らない人」「その人がどんな人なのかよく知らない人」、あるいは「お父さんお母さんが知らない人」などというように、「知らない人」をはっきりと定義してあげましょう。

と書いてありました。なるほど、知らないって一口に言うのは簡単ですが、もっと丁寧に考えないといけないですね。「いかのおすし」は全部覚えた上の子ですが、もう少し親子で話し合う時間が必要かもしれません。
spring_banner_120*60
(この記事はso-net blogに2006-01-31に掲載された記事を再編集しています。)

|

« 斑尾タングラムへ行ってきました | トップページ | 【プレゼント情報】子ども向けフィルタリングソフト »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「防犯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4400/9153752

この記事へのトラックバック一覧です: 【防犯キーワード】いかのおすし:

« 斑尾タングラムへ行ってきました | トップページ | 【プレゼント情報】子ども向けフィルタリングソフト »