« しょうがねぇじゃ済まされねぇんだよっ! | トップページ | 「Safe Kids いずみ」講演会レポート »

キッズデザインの日

昨日記事を書こうと思ったのですが、熱が出てダウンです。 昨日8月8日は子どもにとって安全なデザインを考える「キッズデザインの日」、と制定されたようですね。第一回キッズデザイン賞が昨日発表されたのがきっかけなんだとか。制定元のキッズデザイン協議会では、キッズデザインについて以下のように書かれています。

キッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心と健やかな成長発達が見込まれる社会づくりを目指し、本年5月に、企業、団体、研究者、教育機関、医療機関、行政、市民が自主的に集い発足いたしました。

子どもの事故が子どもをユーザーとは想定していないものから多く起きている現状もあり、子どもを取り巻くすべての環境が、親だけの目線や大人の価値観だけでできていないかどうか、今一度見つめ直したいと考えています。つまり、「子ども目線」「子ども基準」を持って、製品やサービスなどのデザイン開発を進める必要があると考えています。

この協議会、 会長は積水ハウスの和田  勇社長以下、役員には凸版印刷、エプソン販売、鹿島建設、コクヨ、サントリー、CSK、ジャクエツ、セガトイズ、セコム株式会社、東急建設、東京ガス、日立製作所、フレーベル館と著名な会社が続きます。

私も昨日テレビで報道されるまでキッズデザインの存在を知らなかったのですが、例えば自動ドアの隙間に躓かないように、ドアの隙間を薄く、一方で滑りやすい素材を使うなどの工夫が紹介されていました。受賞作の中にあった子供用ハサミには感激。刃がプラスチックカバーされていて、刃物よりプラスチックが2mmほど大きくなっているため、紙は切れるけど手は切れにくい優れものでした。商品はこちら。(楽天では販売されていませんでした)

ちなみにこの組織、加盟企業は今日現在44社。まだこれだけなのかとちょっとさみしく感じています。例えば家電の中では松下さん、日立さんは加盟していても、NECさん、東芝さんがまだとか……。行政については7つの市区しかないですね。とても残念。子どもにとって安全に暮らせる環境作りに、もっと多くの企業や社会が関わってくれると良いな、と感じています。

|

« しょうがねぇじゃ済まされねぇんだよっ! | トップページ | 「Safe Kids いずみ」講演会レポート »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4400/16056960

この記事へのトラックバック一覧です: キッズデザインの日:

« しょうがねぇじゃ済まされねぇんだよっ! | トップページ | 「Safe Kids いずみ」講演会レポート »