« たまにはジョークで(追記あり) | トップページ | ピタコロゴロンの横顔 »

少子化対策へ~Happy 4 weeks の提案~

ニュースで少子化対策の話題を見るたび、必ず思い出すのは、上の子どもを産んだ時のことです。

主人の職場は激務に次ぐ激務。朝7時に出勤~夜11時に退勤の7-11体制どころか、日付が変わっても帰ってこないことがしばしばある部署です。同じ会社に勤めていた私としては、自分も同じような環境を経験し(終電で待ち合わせもしばしばありました)、定常的に多忙な状態を知っているだけに、子どもが産まれたら少しは面倒を見て、とはとても言えない雰囲気でした。それゆえに自分一人で育てるのなら、子どもは授かっても一人で十分と考えていました。

しかし、上の子が生まれ、状況が大きく変わりました。入院中に面会に来た主人が、こう言うのです。

「K課長が、『最初の1ヶ月だけ、赤ちゃんをお風呂に入れる時間に帰っていい』と言ってくれた。職場全体で応援するって。」

聞けば、K課長は三人の子供を持つお父さん。生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れるのはとても大変で、特に最初の1ヶ月は奥さんの体の回復に必要な時期だから、パパがお風呂に入れるのを手伝えと。すでに職場の何人かが1ヶ月だけ早い帰宅を経験していると。

……感激でした。

育児に対して、奥さんに対して、こんな理解のある上司や部署があることが、本当にうれしかったです。特に産後50日は赤ちゃんもお母さんもミルクの時間や寝る時間をつかむまでのタイミングが計れない時期。一日6回~8回の授乳と、その間のおむつ替えや洗濯で、母親はほとんど眠れない地獄の50日と言われているだけに、その粋な心遣いに涙が出るほどうれしかったです。

……その後、実際の帰宅は午前様にはならないものの、22時台。

”夜の早い時間にお風呂”と言われる育児書とは異なる展開に、ちょっぴり不満ではありました。それでも必死で帰ってきて、上の子をあやしながらお風呂に入れてくれる主人を見るたびに、毎日毎日胸が熱くなり、感謝の気持ちでいっぱいでした。

「小さな赤ちゃんをお風呂に入れるのが、こんなに大変だと思わなかった」

何日か経ってつぶやく主人の言葉は、名前だけのパパではなく、初めて育児をする責任が伴い、とても重みのある言葉になりました。そのつぶやきに対し、私は「でしょでしょ!だから手伝って!」なんて厚かましい返事をしてしまうのですが(笑)

たった1ヶ月の間ではありましたが、この1ヶ月のおかげで、主人は育児の大変さがどんなことかをわずかですが理解し、その後も育児で疲れる私を気遣う心配りが見られるようになりました。
私は私で、「忙しいのに早く帰ってきてくれてありがとう。疲れて帰ってきたのに面倒見てくれてありがとう。」と、ちょっとおおげさかもしれませんが、考えられないほどの信頼関係ができたのです。そして支えてくれた主人、支えてくれる職場があるなら、二人目の子どもを作れるかもしれないと思う気になったのです。

育児休職は出世を考える人にとって、非常にデメリットがあると思われています。実際多くの場合がそうだと言われています。しかし、「たった4週間だけ、残業を減らして赤ちゃんのお風呂のために帰る」。職場全体でそれを応援する。(もっと具体的には、残業を減らす事による個人評価を悪くしない)その姿勢があるだけで、信頼関係ができ、少子化対策につながるとしたら、とっても安上がりな方針じゃないでしょうか。

もちろん双子ちゃんなど、レアなケースもありますから、必ずしも4週間では済まないこともあるでしょうけれど、休職しない、でも手伝う、手伝う姿勢を応援する職場。この条件を満たす支援で、次の子どもに対する考え方が大きく変わってくると信じています。

Happy 4 weeks、みなさんの職場で提案されてはいかがでしょうか。

|

« たまにはジョークで(追記あり) | トップページ | ピタコロゴロンの横顔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

Happy 4 Weeks 大賛成です。私も同じことを思っていました。お風呂にまつわる事故を防ぐためにも実施企業が増えることを望みます。

さて、昨日はお疲れさまでした。今回も楽しいシアターをありがとうございました。社協のHPに早速アップされています。

http://pni.shakyo-iy.or.jp/event/safe_kids/pita_kolo_goron/hakubai/hakubai.html

投稿: COCO | 2008年6月21日 (土) 08時04分

COCOさん、こんにちは。

ご賛同頂きありがとうございます。
お風呂の事故と言われてみれば、なるほど~。一人で赤ちゃんのお世話をするより、複数でお世話をした方が事故が少ないですものね。ぜひぜひキャンペーンしたいですね(^^)

投稿: ちひろ | 2008年6月23日 (月) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4400/41522630

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策へ~Happy 4 weeks の提案~:

« たまにはジョークで(追記あり) | トップページ | ピタコロゴロンの横顔 »