判断する力

このところエコドライブの話題ばかりでしたが、今日はリスクウオッチについて。

実は一つの記事を書こうと思いながら、どうしても自分の中で結論が出ず、1ヶ月以上悩み続けていました。ところが、先ほどある一つの記事を読んで、ぽろんと答えが出ました。忘れないうちに書いておきます。

まず、書きたかったのは5月末に受けた大坪先生の講演会のこと。はじめはいつもの通り気楽なレポートを書くつもりでいましたが、講演の中で、大坪先生は公園遊びで起こる事故について、

遊び場の危険を100%排除してはいけない

と仰っていたのです。それにはもっともな理由があって、

子どもから危険を100%排除してしまったら、子どもが危険に対するおそれを知らなくなる"NO FEAR"な状態となってしまう。これがまた、危険な行為を産むと。

ボランティア活動のはしくれに参加して、子どもから危険を取り除く事だけを考えていた私にとって、これはかなり大きな衝撃でした。危険をあえて取り除かないというのは、どういうことなのか。

確かに大坪先生はお話の中で、

高い遊具から転落した事故を踏まえて、遊具を低くしても、子ども達は今度はその遊具の転落防止柵の上に乗って、遊んでしまう。大人が思うのとは違う使い方をする。それが子どもだ。

とも仰ってました。これにはとてもうなずけます。インターネット上の掲示板「2ちゃんねる」内の独特な表現として「想像の斜め上を行く」という言葉がありますが、子どもの行動はまさに想像の斜め上。それがまた子どもらしい才能を発揮する所ゆえに、安易に摘み取ってはならないとは思います。ではその危険を排除するしないのボーダーラインはどこなのか?私はこれについて、長い間結論が出ずにいました。

そして今朝、私は次のようなコラムに出会います。

日経BizPlus:コラム:三國清三氏「三國清三の厨房からの風景」第2回「キッズ・シェフが教えてくれた『食の喜び』」

小学校5,6年生の子ども達が、三國シェフとともにフルコースを作る体験の中で、こんな事を書かれているのです。

キッズ・シェフでは、おとなと同じように包丁も使えば、熱湯や油も使う。そうすると「どう使うと危ない」とか「これを切る時には、こんな具合に力を 入れる」などの「加減」がわかる。「子供に包丁を使わせるなんて危ない」とおっしゃる方があるかも知れないが、「どこがどう危ないのか。危なくしないよう にするには、どうすべきか」と知らないほうが、よっぽど危ない。  
お湯を沸かす時、油で揚げる温度など、子供たちは自分で判断して「どのくらいが適当か」を知らず知らずのうちに理解していく。

料理の中では、熱湯も包丁も油で揚げる事も、全てが排除できない避けられない危険です。そしてそれを経験する中で、危険とのつきあいが分かってくる。危険を避ける力が付けば、さらに楽しさが広がってくる。それは公園遊びも同じじゃないでしょうか。

転んだらすりむいてケガをする、今手を離して落ちたら痛い、だからそうならないようにしよう。子ども達は公園の中で、判断する力をつけて成長していく。親としても公園はそんな場であって欲しい、と思っているので、どうしても避けられない危険は排除しない。ただ、重篤な事故を産む可能性がある「避けられる危険」は見つけて、なくしていけたらと思えるようになりました。

例えば、ブランコで言えば、ゆれるブランコを排除する事はできない(したくない)けれど、ブランコの乗る台を軽くて軟らかめの材質にすれば、ぶつかった時にもケガは少ない。きっと周囲を見渡せば、そんなことってたくさん出てくると思います。

ただし公園は、幼稚園~小学生が遊べる場としてある事が多く、ようやくあんよができるようになった乳児や未就園児にとっては、もっといろいろ危険もあるので、親が見守る事が大切だと思います。うちの子たちもすべり台のはしご段が登り切れずに、なんどあの隙間から転落したか……。年齢別の危険チェックもぜひ視点に入れて考えないと……と思うようになりました。

ようやくここまで判断する力が私にも付いてきました。やれやれ(苦笑)

もちろん、子ども達に正しい遊び方を教えるのは必須です。自転車では大活躍のヘルメットも、遊具で遊ぶ時に着用していると、遊具の隙間から転落した時に、子どもの頭は抜けるスペースでも、ヘルメットは抜けず、首が絞まる事があります。原則として子どもの首に掛かる長いひもはNGです。この季節なら特に水筒を下げて歩く子はとても多いので、ぜひ遊ぶ時はどこかに置いて遊ぶように伝えたいですね。

最後に余談ですが、大坪先生ってアウトドアってイメージがあったので、実際にお会いした時は、とってもスーツのよく似合う紳士で、驚きました。素敵でした(笑)

※追記(というか勝手な宣伝):大坪先生が代表をされているプレイグラウンド・セーフティ・ネットワーク(PSN)では、PSN版 楽しく安全な遊び場の安全ガイドラインをWebで閲覧できるほか、1000円で頒布されているようです。興味のある方はぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピタコロゴロンの横顔

先週末は近くの保育園にボランティアとしてお邪魔しました。白木造りの床が気持ちいい素敵な保育園でした(^^)

Pitakoro20080620 最近ボランティアで動く時は、いつも消防署の予防課さんからお声をかけていただいてます。ボランティア暦も浅く未熟者なのに、使って頂いて本当にうれしいです。

私のパートは「ピタコロゴロンとハイハイのおはなし」。パネルシアターを使って楽しく火の怖さや火事から逃げる方法を学ぶものです。これもそれなりに人気なんですが、やっぱり一番人気は彼。横浜市安全管理局のハマ君。ハマ君は消防署の予防課長さんと一緒にお家に火災報知器を付けるようにというお知らせを配っていました。握手されたり抱きつかれたり、いつもみんなのアイドルです。
帰っちゃう時は子どもたちが涙目に。それがまたかわいいっ!

今回の教室では外にミニ消防車が停めてあり、そちらも見学する事になっていました。子ども達が消防車の方へ移動する際、「また遊ぼうね~」と声をかけていたら、なんと数人のお子さん達から握手を求められてしまいました!こんなの初めて!ハマ君並みのどっしりとした体格(苦笑)が愛すべき存在に見えたんでしょうか。(^_^;
いやほんと、冗談抜きでうれしかったです。また一緒にあそぼうね(^^)

とはいうものの、この季節中に入るのは熱そう!中の人、いつもお疲れ様です!パーティーやイベントも大盛り上がり♪着ぐるみ パンダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはジョークで(追記あり)

いつもはまじめなリスクウオッチばかりを紹介しているこのブログですが、今日は完全なるジョークです。

GIGAZINEOmg OWNED!!$#%$$@! =pの記事としてこんな話題が紹介されています。

思わず笑ってしまう、正しい赤ちゃんの扱い方

元ブログの記事はこちらHow to take care of your Baby for Dummies(乳児の扱い方)

・運動させる時にはダンベルを乗せるな(NO)
・おむつを替える時には、赤ちゃんのお尻を自分のスカートでふかない(NO)
・動物とふれあわせる時には魚のいる(水の入った)水槽に入れるな(UNSAFE)
・笑い顔にさせる時には無理に口に指を突っ込むな(DON'T)

などCAUTION!マーク付きで図解されていると、思わず吹き出してしまいます。中にはちょっとジョークがきつい内容もありますが、リスクウオッチ的には一目見て分かる注意書きの大切さが勉強になりますよ。一体誰がこの絵を描いたんだろう(笑)

※元記事のコメントに業者が「紹介ありがとう」のコメントをつけていました。元ネタはおもしろグッズのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンボチェアにとまどい……

 老婆心な話です。

子どもが大きくなると、赤ちゃん用品にはすっかり疎くなってしまいました。先日バンボチェアって言われても、何のことだか分からずきょとーんとする始末。どうやら首がすわる頃から14ヶ月ぐらいまで使える、柔らかい素材でお尻がすぽんと入る、私たちの時代で言えば、バスチェアの簡易版のようです。か、かわいい……。


色もきれいなバンボチェア各店舗の品揃え


なるほどー。やわらかいし、かわいいし、脱出しにくいし、いい事づくしのような気もしますが、使い方によってはかなり微妙……な気がします。

理由その1:赤ちゃんの個体差が受け止めにくい。

スリングは赤ちゃんの大きさが多少違っても、布ゆえに柔軟に受け止められるけれど、バンボチェアは足を入れる幅が固定されているので、すぐに大きくなって出し入れしにくくなる事もありそう。バスチェアも子どもが反抗&足が入れにくくなって、使うのをやめた覚えがあります。使い方によっては無理に押し込んで皮膚を痛めそう。

理由その2:正しい使い方を守る人はどれだけいるんだろう?
検索エンジンで「バンボチェア ケガ」を調べてみると、そこそこの数の記事が出てきます。その中には「チェアごと落ちた」との記事もあったりします。赤ちゃん大変だったね(T.T)

ちなみにバンボチェアの正しい使い方として、楽天のピジョンモールでは以下のように書かれています。

※台などの高い位置に置いて使用しないでください。
お子さまはこのシートの上で固定されているわけではないので、抜け出すことがあります。
※ご使用中は必ず保護者の方が付き添って、お子さまから目を離さないでください。

でも、このかわいい椅子を使ってたら、絶対に大人用テーブルで隣の席に座らせたくなるし、動けないのをいいことに、ちょっと片づけものなんかしちゃいそう。私ならきっとそうします。……でも、全部使い方に違反しますよね。うーん。
しかも生後1年前後って、何をしなくても元気に動き回る年頃。ベビーカーだって脱出しそうなお子さんもいらっしゃいますよね。バンボチェアはシートベルトもついていないから、使い方を誤れば、椅子を倒して脱出して、高いところから転落なんて可能性も容易にありそうです。

東京消防庁のサイトによれば、転倒、墜落・転倒による事故は、0~5歳の一般負傷のうち50%を超えているそうです。ご家庭ではどんな使い方をするのか、どうやって子どもが動くのか、少しだけでいいので考えてからの購入をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIFO~大人の自転車に子どもを乗せる時~

山中先生の講演会から学んできた事をもう一つ。

幼稚園や保育園へ送り迎えする時、親の自転車の前後に小さな子どもを乗せる事がありますよね。ここで一工夫するだけで、事故防止が出来るそうです。

親の自転車に子どもを乗せて、なんで子どもが事故に遭うの?と思ったら、親が自転車から降りてしまい、子どもが一人だけでいる時に、自転車がバランスを崩し、転倒するのだとか。さらに転倒後、そのまま自動車が通る道に投げ出される悲しいケースもあったそうです。

……そこで、お子さんを自分の自転車に乗せる時は「最後に乗せて、始めに降ろす」 をぜひ心がけて下さい。乗る時は荷物を積んで、それから子ども、降りる時は子どもを安全な場所に置いてから、荷物を降ろす。もちろんヘルメットもお忘れなく……。

タイトルに書いたLIFOはLast in First outの略で、後から来たものを先に処理するという情報処理の授業で使ったりします。実生活でもよくありますよ、LIFO。洗濯や炊事の途中で、「おかーさん、トイレでもらしちゃったー。服がびしょぬれー。」……最優先で突っ走っていきますよね。(T.T)ああ、悲しい。

ノーパンクタイヤだから災害時にも活躍。【送料無料】小回りの効く スイングチャーリー MG-TRF203SWN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月1日は

6月1日は、年に4回ある防災用品点検の日です。防災アドバイザーの山村武彦さんが提唱されたそうで、3月、6月、9月、12月の4回、身近な防災用品を点検しようと呼びかけていらっしゃいます。

確かにちょうどその頃は季節の変わり目。季節が変われば避難時に持って出るものもずいぶん変わります。もちろん食材やお水などの賞味期限も、3ヶ月に一度程度チェックすれば、期限切れで悲しい思いをする事もなくなりそうですね。非常用品を使う事がなければ、それに越した事はないのですけど……。

点検は期限切れだけじゃありません。


例えば、こぼれにくい設計の非常用飲料水袋10リットル用、どうやって使いますか?
水10Lを満タンに詰めれば、重さは10kg。給水所から10Lの水を持ってくるのは、子どもや力のない人には至難の業です。ところが、 持ち手つきで、持ち運びもらくらく非常用飲料水袋4リットル用の袋を数枚持っておけば、両手に分けて運ぶ事が出来ます。

これは私オリジナルのアイデアではなく、知人の阪神大震災経験者が語った言葉。実体験には重みがあります……。実際に使ってみないとなかなか分からない事です。点検時には買ったのは良いけど、使い方が分からないものがないこと、備品に破損がない事をチェックするようおすすめします。


これだけあれば安心セットmy防災28点セット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカートと巴投げ

6月1日からの子どもの自転車乗用時ヘルメット着用推奨施行にちなんで、今日は自転車のリスクウォッチを。

横着者でそそっかしい性格の私は、ほんのちょっとしたきっかけから、とんでもない危機にさらされる事がたびたびありました。その原因の一つが自転車。10年近く通学のために近くの駅まで自転車で通っていました。
10年も乗っているといろんな事に遭遇するもので、目の前で交通事故を目撃したり、すれちがいざまお尻を触られたり(自転車に乗ってるのに!)、下り坂でブレーキが間に合わず、十字路で車に追突したこともあれば(あの時の運転手さん、びっくりさせてごめんなさい!)、本当にいろいろ。

そして今でも忘れられない事に、スカートと巴投げがあります。

スカートは当時のボーイフレンドとデートをする日の事でした。当時流行っていた一番お気に入りだったペチコートのようにふんわり感いっぱいのロングフレアスカートで出かけたのでした。淡いグレーの地に後ろの長いスリットが特にお気に入りで、足取りも軽く乗っていたのですが、突然後ろからガクン!自転車が急停止して私は投げ出されそうになります。何事?と振り返ると、そのお気に入りのスリットが後部車輪に絡まっているじゃありませんか!!
え、どうしよう!どうしよう!あわてて引っ張り出すと、ビリ、という音とともに機械油にまみれた破れたスカートが……。あわてて駅のトイレへ駆け込みますが、機械油なんて洗っても取れるもんじゃありません。その日のデートはスカートが気になって気になって、何を話したのかさえ良く覚えていません。被害はスカートだけで済んでよかったものの、一歩間違えばこれもケガになっていたかもしれません。最近の自転車には後部車輪にドレスガードと呼ばれるスカートよけが付いているものが多くありますから、女性の方はぜひぜひそちらをお選び下さい……。(T.T)

ドレスガード付きの自転車ってどんなものか見てみる

ここまでだったらギャグで終わっちゃうんですが、もう一つの巴投げの方は、あやうく命にを落としかねない話でした。部活かアルバイトで帰宅が遅かった夜8時ぐらいでしょうか、ゆるい下り坂の夜道を無灯火で走り始めていた私。そろそろライトをつけないと……と思いつつ、横着な私は足でライトのスイッチをつけようと、スイッチめがけて蹴り始めたんですね。

カンの良い方はもうお気づきかも。

そう、私の足は見事にスポークの中へ。ゆるい坂でスピードも出ていた自転車は、前輪に私の足が入る事で急ブレーキ、ガン!

その瞬間私は宙に浮きました。そうです。まるで自転車に巴投げを食らったかのように。そして背中から着地!自転車は投げ飛ばされ、私の体は二回、三回とバウンドしました。起きあがるまでにどれくらいの時間があったでしょうか。幸いな事に、静かな田舎町は車通りも少なく、私が体を起こし、自転車に乗って帰宅するまで、誰にも会う事はありませんでした。もしあの直後車が通りかかっていたら、私は間違いなく轢かれて、こんなのんきなブログは書かれていない事でしょう。

ちなみにケガなんですが、背中から落ちたのが幸いして、頭はどこもぶっておらず、手もかすり傷程度。ただし、足だけは骨折していなかったものの内出血でパンパンにふくれあがり、しばらくの間靴下を履くたびに泣いていた事を思い出します。

結論から言えば、自分への対策は横着はしない事(^_^;なんですが、スポークに足を取られるというのは思いのほか大事故を生みます。お子さんを後部座席に乗せている場合は、特に後輪スポークへの巻き込まれに注意が必要です。スポーク外傷のページではお医者さんが実際にスポークに足を取られた時に起きたケガ(ちょっと怖い)の写真が出ています。その怖さを自分で経験しているだけに、子どもの悲しみはいかほどだったかと思います。

言われてみれば、子供用の三輪車や車いすはスポークがないものだったり手や足が入らない工夫がされているものが増えてきました。購入時には大けがの危険が減る製品を買う事。それを知っておくだけでもリスクウオッチにつながると思っています。

ママも子供もゆったり乗れます。色もシックでおしゃれ。【完全組立済】ブリヂストン アンジェリーノ 3段変速付きモデル さらに安全性、乗り心地がパワーアップ! パワーアップの中身はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クチコミでしか手段はないのか

最近この近くで色々不審者情報が出ているようです。聞いただけで3件ほど。物騒でいやだなぁ、と上の子のお迎えを増やしています。

けれど学校の対応は不思議なもので、ある小学校区ではその日のうちに連絡網やプリントで回ってくるのに、別の学区では全く回ってこない。その日のうちに連絡が来たところは、該当学校区だったからかもしれませんが、回ってこないところと、別の学区は隣接していて、車で来れば3分もかかりません。そこで情報が回らないというのも不思議なこと……。

さらにその情報が近くの幼稚園に到達するのは二日以上後……。注意喚起にはなりますが、緊急度がないというか、親的には不十分な感じがします。ちなみに私がその情報を一番早く知ったのは、mixiの近隣地域コミュだったりします(^_^;後日お手紙が届いて、あー本当だったんだと分かる状態です。

何より一番ショックだったのは、以前このブログでも紹介した「神奈川県警の不審者情報」サイト。各地域毎の不審者情報を掲載しているはずなんですが、今月半ばに起きた不審者情報が掲載されていません。週1で掲載されるはずですから、そろそろ載っても良い頃なんですけど……。

警察に届け出がないと掲載されないのかもしれないですが、お友達に未就園児を持つご家族がいらっしゃるので、クチコミやメールででも情報を流したいなぁと思って結構悩んでいます。クチコミレベルで話が歪曲するのもいやだし、以前お友達から、「子どもがスーパーのトイレで……」から始まる典型的な都市伝説チェーンメールが届いただけに、頻繁な送付(そんなたびたび起こるのは一番いやですが)は悩ましいところ。かといって未就園児を持つご家族にとっては、クチコミ情報だけが頼りです。行政機関や警察署で手紙じゃなくてメール配信してくれるといいんだけどなぁ。

健康と安全に一挙両得のシチズン 防犯ブザー付万歩計 TW150

| | コメント (0) | トラックバック (1)

消費者庁への期待

首相官邸サイトにある、内閣総理大臣のメールマガジンをご存じでしょうか。
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/index.html

5月22日付、福田内閣メールマガジン 第32号のタイトルは「だから消費者庁。福田康夫です。」でした。奇しくもここ数日日記で書いていた、法制化による安全な製品作りのために福田内閣は消費者庁というものを作ろうとしているそうです。

「10年前に同じ事故が起きていたのに」

で始まるメールマガジンは、悲しい事故で亡くなられたご遺族と面会された話を紹介し、

同じような事故が繰り返されてしまう背景には、役所が縦割りになっている中で、どの省庁が担当すべき問題かが明確でなかったり、事故の情報が担当部署にうまく伝達されなかったり、長い期間放置されたり、といった問題がありました。

「死んだ息子のためにも、真に消費者のことを考えてくれる役所ができることを希望します。」

役所の問題による犠牲者を、これ以上増やしてはなりません。消費者の立場に立って、消費者を守る新しい組織である「消費者庁」を、できるだけ早期につくりあげます。

とこの話を締めくくってあります。普段はあまり政治に興味のない私ですが、この話だけは「福田総理えらいじゃん」とうれしくなりました。しかし庁が立ち上がるまでの間はやはり個人ベースで身の回りのリスクを探し続け、いざとなったら庁にお願いできるよう準備をしておく必要があるんでしょうね。このブログをみなさんは身の回りの道具やケガでどきっとした事ってありませんか?私は生きてるのが不思議なほどあるんです……。機会があればお話ししますね。

ちなみに私、総理のメールマガジンを読んでいるわけではなくて、たまたま内閣府で「交通安全白書」の最新版が出ていないかどうかを探していたんですね(^_^;
それというのも先ほど読売新聞でこんな記事を見つけたからです。こちらもご参考まで。

交通死54年ぶり5000人台、高齢者割合は最悪の47%
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080527-OYT1T00255.htm

 政府は27日午前の閣議で、2008年版「交通安全白書」を決定した。

(中略)

一方、自転車と歩行者の事故は2856件に上り、10年前の633件から4・5倍増。警察庁は自転車の通行ルールを再徹底するほか、自転車専用レーンの設置など自転車事故の防止対策に重点を置く方針。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会の感想

Yamanaka1_2
どうやら主催者側と思われるCOCOさんから先にコメントを頂いてしまったのですが、改めて山中先生の講演会レポートです。幼稚園の行事で30分遅刻してしまったので、内容を全部網羅できていません。ごめんなさい。

私が先生の講演会を聞くのはこれで二度目です。最初はちょうど1年ぐらい前。事故予防推進ボランティア講座を受けるきっかけとなった講演会でした。初めて聞いた時は、「事故は起こったら大変」ばかりが頭に残ったのですが、講座を習う前と習った後ではやっぱりキーワードが耳に入る感じが違います。今回は先生も意識して強調されていたのか、事故の中でも重症度の高い物から対策を考えていく事に重点を置いて説明されていました。

私たちにとって子どもの事故や事故による重症というとなんとなくケガでせいぜい出血か骨折するぐらいのイメージですが、重症度が一番高くなれば死亡。そうでなくても長く残る後遺症を思うと、決しておろそかには出来ないと仰るのが胸にしみます。

Yamanaka2その重症度の高い事故を減らすために、少ない努力で高い効果を生み出すものとして、先生は法令化を挙げていました。企業の対策だけではなかなか対応できないことも、法令化する事によって、大きな効果を生み出します(ちょうどこの写真です)。

例えば欧米で良く使われるボイラーによる給湯システムについて、大人は60℃のお湯なら3秒で一度の火傷、50℃なら29秒で一度の火傷を負うそうです。子どもなら皮膚が薄いからもっと早く火傷になる可能性があります。仮に給湯温度が60℃であった物を、法令化により50℃に下げることで、重症な火傷はかなり減った。と仰います。具体例が挙がると身が引き締まる思いです。

私たちの生活でも「ここがこうなれば事故はもっと減る」という日ごろのちょっとした思いつきが、事故を減らす事が出来るかもしれないのですね。そんな例として、ドアのちょうつがいが見えない設計のドアを挙げていました。なるほど、ちょうつがいに手を挟まれるケースは少なくないですからね、大人の私も数回経験してますし(^_^;

この他にも身近な重傷事故の可能性を示唆された中で、私が特に感動したのは、

大人用のシートベルトは誰でも簡単に取り付けられ、誰が着けても同じように効果が出る。なのにチャイルドシートの99%以上は正しく取り付けられていない。誰が取り付けても正しく使えるようにするシートの開発が必要だ。そのため
にはそれを義務づける法制化が必要だ。

……じーん。ただ単に法制化を訴えるのではなく、実際に使う人が使いやすくなる事も法制化するに当たって必要なんだと思ったからです。簡単になって安全になる、子育ての忙しい中で、そんな道筋が出来て子どもが幸せになれたら、そんなハッピーな法律はないですよね。会場では夫婦で講演を聴きに来たご家族もあり、小さなお子さんに向けて自転車用にはどんなヘルメットがいいのかと相談される方もあり。参加者は30数名と少ないながらも活気ある講演会だったと思います。っていうか、こんないい話なのに聞きに来る人少なくてもったいない!!

<おまけ その1>
私感動のあまり、講演が終わってから控えの部屋に押しかけました!無理矢理自己紹介して、子どもの事故予防推進ボランティアをするにあたり、何かアドバイスをとお願いしたら、「今は火傷より自転車事故が多いから、ヘルメットの話してね」でした。
今度は火災や火傷予防のネタをやるつもりだったのに……宿題増えましたorz

ってことで、ここで宣伝。

6/1から子どもが自転車に乗る時にヘルメット推奨です。それから高速道路の後部座席シートベルトは義務化します。特に後部シートベルトは減点対象でーす。ご注意くださーい。

<おまけ その2>
「子供用自転車ヘルメットはどれが良いのか」という質問に対し、先生は現在市販のヘルメットの多くは欧米から原型を取られている事、子どもの頭の形が欧米の子と日本の子では異なるため、ちゃんとお店に行ってその子の頭にあう形のヘルメットを探して欲しい、と仰ってました。購入の時の参考になさってください。

子どもの手挟み・指挟み防止!!もうはさまん棒

子供用ヘルメットを見るだけ見てみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧