風邪でダウンでした

今日は上の子を除く一家全員でダウン。

薬を飲んでこんこんと寝ていたら、目が覚めるとこんな時間になりました。

下の子は入園して初めてのお休みです。園が嫌い嫌いやだやだと言いつつも、毎日がんばってたんだなぁと小さく拍手です。もっとほめてあげなきゃなぁ。

上の子は新学期になってから欠席ゼロ。昨年度はちょっとした事でお休みしたり、インフルエンザA型B型コンボでかなり大変だったのですが、ほんと元気いっぱい。救われます。私も早く治さなきゃな……。

私がこんな状態でうんうんうなっていたら、「おかあさん、運動会来られなくてもいいからね。」というじゃありませんか。そう運動会は明日(日付的には今日)なんです。体が治らない事には行っても悪化させるだけ、そして今も38℃近い熱です。子どもに心配かけられる親なんて情けないですが、この子の優しい心に本当に癒されます。ありがとう。明日はお弁当だけでも作って、笑顔で送り出せるほどの体力が欲しいです……。

あ、雨が降ってくれればいいのか。(苦笑)


カエルが超キュート!下の子に着せたい。nico frat/ニコフラート長ぐつのおうち♪てるてる坊主とカエルの仲よしロンT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

缶詰と火を使わないこと~ニンジンとツナのサラダ~

引き続き、きょうも缶詰レシピの話です。非常食に缶詰は定番ですが、賞味期限を考えながら定期的に缶詰を使うって、かなり難しい気がします。いつも使っている缶詰以外ってなかなか手を出しにくいし……(私だけでしょうか?)

それに、4人分×3日間の備蓄食糧ともなると、本当に場所を食います。一人一食に一缶の缶詰として、4人分×3食×3日=実に36缶!これでおかずだけですから。主食がパンならパンの缶詰もいるでしょうし、お水があればできるアルファ米のご飯(これはヒット!うちは休日の朝食などで食べます)もいりますよね。あとお水。……一体どれだけストックすればいいのやら、しかも小さくてすぐ食べられておいしいもの……。なかなか見つかりません。

ここ数年は試行錯誤の繰り返し。適当に買った缶詰は、口にあわなかったり、うっかり見落として賞味期限が短かったり、失敗も多いです。お店で売っているからと言って安心しないで、ちゃんと賞味期限は見た方が良いですよね。うちでは来年の夏に「パンの缶詰」の賞味期限が来ます。それまでに一度食べてみて、次も買うかどうかを決めないと……。

そんなこんなで迷うぐらいならば、むしろ良く食べ慣れているレトルト食品の中で、火を使わなくても食べられる物をいくつか用意しておく方が、ストック切れの可能性こそあれ、後で賞味期限が来ても食べられずに困る事はないんじゃないかと思っています。

ということで、今日使う缶詰も普段から気軽に使えるツナ缶になってしまいました。

★ニンジンとツナのサラダ
<材料>
ツナ缶(油漬けタイプ)1缶
ニンジン1本
塩少々
マヨネーズ

<作り方>
1.ニンジンを千切りにし、塩もみをして30分ほど置く。
2.しんなりしたニンジンをよく絞り、ツナ缶とマヨネーズをあえて出来上がり。
カロリーを気にする方は、マヨネーズの代わりにお塩と胡椒、酢であえてもおいしいです。

きょうはちょっと塩もみの段階で塩を多く使いすぎてしまったので、できあがったサラダはレタスで巻いて食べました。簡単でおいしいっ!!普段はニンジン苦手な家族がびっくりするほどたくさん食べてくれました。お弁当の彩りにも良さそうです。

作りながら思っていたのは、缶詰を使うメリットの一つとして、すぐに食べられるというイメージが強かったのですが、「火を使わず調理ができる事」も大切なことだなと感じました。その場にある食材と合わせて火を使わずに食べられたら、またそれも気持ちが変わるきっかけになりそうです。

そうやって食べ慣れている缶詰やレトルト食材を見直すと、これを非常食に使うとした場合、加熱しないとおいしくない物もかなりありそうです。レトルトご飯も残念ながらその一つ。常温で食べてもおいしい味付けの食品が見つけられたとしたら、防災用の常備品としてとてもうれしい事じゃないでしょうか。辛い時こそ、自分の好きな物、おいしいものを食べて元気を出したいですよね。

これからどんどん暑くなる季節。火を使わない調理を考える事は日常でも役に立ちそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

缶詰レシピ~イワシのトマト煮~

引き出し一つが4人分の非常食で埋まっている我が家。定期的に入れ替えをしないと、缶詰でもあっという間に賞味期限切れになってしまいます。最近はさらに価格高騰を控えて買いだめしている食材が収納できずにあふれている始末……。お恥ずかしい。

ということで、今夜はなかなか食卓に上げにくいイワシの缶詰と、トマトの缶詰を使ったレシピを作ってみました。パスタとの愛称は言うまでもないですが、ご飯に乗せてイワシのイタリアン丼にしても悪くないです。イワシ嫌いの子ども達も最初はぶつぶつ文句を言っていましたが、何とか食べてくれました。やれやれ……。

<材料(およそ4人分)>
・エノキ(またブナシメジでもOK)1パック
・トマトの水煮缶1缶
・イワシの缶詰2缶
・ニンニク1かけ
・酒、醤油少々

<作り方>
1.フライパンを温めたところに、イワシの缶詰に入っている脂(煮汁ですね)を入れ、ニンニクと刻んだエノキを炒める。
2.軽く炒めたところにイワシの缶詰の中身を入れる。ここで匂いが気になる人はお酒少々を振りかける。
3.イワシに軽く火が通ったところで、トマト缶を入れて煮込む。
4.味を見て、足りないようならばお好みで大さじ1/2程度の醤油を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスティの季節

昨日はそよ風が吹いて、外で遊ぶのに楽しい一日でした。主人が子ども達とでかけ、私はみんなの帰宅を待って久々のアイスティを作りました。

使った紅茶はエディアールのアイスティブレンド。池袋東武だけで扱っている私のとっておき。エディアールブレンドによく似たフレーバーですが、アイスにすると苦みも少なく、夏にぴったりのさわやか感があるのです。

 

アイスティの作り方はいたって簡単。いつものポットにいつもより1杯だけ多めの茶葉を入れて、ホットティを作ります。少し時間をかけて出した後は、熱いうちにグラス一杯に氷を入れた中に、氷めがけて注ぎ込むだけ。こうすると、ポットに氷を入れるより濁らない紅茶になるのです。

ここ半年近くはデロンギのデロンギの全自動コーヒーマシンのおかげでコーヒー党を突っ走ってきた我が家ですが、夏はやっぱりアイスティですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常食の入れ替え(缶詰編)

非常食には欠かせないとされている缶詰類ですが、入れ替えとなると実は結構困ります。非常時には大切な栄養源も、まとめて食べようとすると、味が濃くてちょっと飽きてしまいそうになる物も……。

特にはごろも煮やイワシなど魚系の缶詰は普段食べ慣れないだけに、ちょっと食べては箸が止まってしまうのです。一缶のおかずが、4人で食べても残ってしまう事が……。そこで検索したところ、以下のサイトで缶詰を使ったおいしそうなレシピを見つけましたので、メモを兼ねて紹介しておきます。一工夫するだけで食べやすくなるんですよね。

★はごろも缶詰のレシピ (はごろもフーズ)
ここは非常食用の缶詰に限らず、はごろも製品を使ったレシピを紹介。

★イワシ缶詰レシピが豊富 (ブログでCookin'!)
イワシ缶詰は特に不人気なので助かりました。

★サンマ缶詰レシピ(ブログでCookin'!)
イワシ缶詰のサイトと同じ所ですが、ブログからレシピを探してくるってのは斬新ですよね。

あとはfolomy(ニフティのフォーラム廃止に伴ってできたコミュニティサイト、入会・会費無料)の主婦と主夫のフォロ~献立何にしよう?にはごろも煮を使った煮びたしのレシピがありました。はごろも煮の中ではこれが一番おいしいレシピだったかも……。

本ではこんなのがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーの非常食入れ替え

近くのスーパーマーケットでも来週あたり防災フェアがはじまる頃。でも、フェアをやる割には高額商品ってあまり売れなくって、売れ残りがひっそり置いてあります。

そんななかで賞味期限が3年のうちまだ2年以上残っている、こちらの商品を発見!

救援活動をする方、避難中の方におすすめです!!
ご飯が温かく食べられる
栗五目ごはん(缶詰)とつくねと野菜のスープのセット

我が家のように定期的に献立に非常食を入れて入れ替えを行う場合は、そこそこの期間持つ非常食を安く買える事はかなり大きなメリットです。

あまり大きな声で言えないのですが、買った値段は上記サイトの1/3以下(詳しい値段と場所は後で買い足しに行く予定なので伏せます。ごめんなさい)。ネットオークションなどで安く買うのもお得ですが、たまにはお近くのスーパーもこっそりのぞいてみましょう。思わぬ掘り出し物があるかも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常食の入れ替え

非常食って、ただ買って安心ではなく、時々自分で食べてみて口に合うかどうか、賞味期限に余裕があるかどうかを確認する必要があると思っています。万一口に合わない物を大量にストックしていたら、別な意味でストレスがたまって悲しいですよね……。ということで、うちでは時々非常食の点検と入れ替えを行っています。

なんて書くとかっこいいんですが、何の事はない、献立を考えるのが面倒な時、お米を炊く気力もない時、家事をまかされた人にとっての非常時にも非常食は役に立つんです。(^_^;)

ということで、イワシやサンマの缶詰を時々食卓に出し、先日体調不良で動けなかった時にはこれをだしました。


アルファ米スタンドパック わかめご飯

ちょうど一人前の乾燥ご飯が袋に入っていて、乾燥剤を取り出した後、水またはお湯を入れて20~25分するとちゃんとしたご飯になるものです。うちが買った時は写真と同じ物ではなく、青い旧パッケージのご飯でしたから、もしかすると非常食の入れ替えにはちょうどよいタイミングなのかもしれません。

実はこれ、子ども達の大好物(^_^;)
私が献立で悩んでいると「あの袋のご飯でいいよ」と言うのです(^_^;)

私は薄味好みなのですが、ほんのちょっぴり濃いめのご飯は、子ども達にウケが良く、特にうちがいつも買っている、アルファ米オールスターセットには、わかめご飯を含め、白飯、赤飯、五目ご飯、山菜おこわ、白粥、梅粥、梅わかめご飯と全部で8種類のご飯がまとめて一つの巾着袋に入っているから、

「今日はどれ食べる?」

と気分で楽しめるのもうれしいみたいです。ちょっと大きめのお子さんなら、おやつに出しながら入れ替えするのもいいかもしれませんね。おかゆはまだ試していませんが、自分が風邪で寝込む時は誰もご飯を作ってくれないから、常温で製造日より5年間保存可能なこのご飯は自分用のおかゆストックとしても役に立ちそうです


新アルファ米オールスターセットは防災館でも一番人気のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうがねぇじゃ済まされねぇんだよっ!

家族共々体をこわしてから、健康に妙に目がいくようになりました。

そんな中で、夏バテしそうな季節の乗り切り方と言えば、なんと言ってもショウガ。夏場の冷蔵庫にはショウガを切らしません。冷や奴の薬味にはじまり、お寿司のガリも夏場はいつもより多めに食べます。魚の生臭さを消して、食中毒を予防してくれるらしいので、食べ方にも気合いが入ったりして(笑)

その他にもなぜか我が家では夏場の定番「麻婆豆腐」にも、ニラ、ニンニクにあわせてみじん切りのショウガがたっぷり。子ども達の大好物鶏そぼろにも、「ちょっと多いかな」ってぐらいすり下ろしたショウガを入れます。

調べてみると、漢方ではショウガって消化の促進、新陳代謝を良くし、冷え性を治すんだとか。クーラーで芯から冷え切った体を温めたり、バテて食欲がなさそうな時に効く、ちゃんと理にかなった食べ方なんだな、って今さらながら驚きです。体は知ってるんだねぇ。

今はスーパーで新ショウガが出回る季節。ネットで調べたら、ハチミツ漬けにすると自家製ジンジャーエールも出来るらしいから、季節が終わらないうちに試してみたいなぁ。

 自分でジンジャーエール作るのが面倒くさい人は、こんなのもあります。

2ケース以上【送料無料】■サントリー ジンジャーエール 200ml缶 30本入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラス6kg、マイナス2kg(その1)

ブログをお休みしていた1年の間に、いろいろストレスが貯まっていたせいか、体重が6kgも増え、今あれこれ試行錯誤しながら、2kg減まで持ち込みました。
30代以上の女性は、体重が短期間で急激に(5kg以上)増えたら、ホルモンバランスの異常か、婦人科系の病気を疑ってみると良い。一度病院へ行った方が良いのでは、なんてお医者さまに言われ、あわてて元に戻そうと焦っています。

それでも子どもの残り物を食べたり、イライラで暴食暴飲……。せっかくの努力も一瞬で消えてしまう事が多い中、これのおせわになる事が多いです。

【送料無料】サン・ペレグリノ(微炭酸)500mlペットボトル

例えば暑い日にビールをきゅーっと行きたいなぁと思っても、カロリー過多が心配ならば、サンペレをのんで我慢っ。でも我慢だけじゃなくて、この天然ミネラルウォーター、食事もおいしくさせるすぐれもの。イタリア製なので、特にイタリアンによくあいます。ピザやパスタのお供としても最適。食べた後の口元がさっぱりするんですよねぇ。食べ過ぎないように気をつけないと(^_^;)

今は食事の前と一日の最後にサン・ペレは必需品。食事前に微炭酸水でお腹をふくらませておくと、入る食事量も減るし、寝る前に飲むとミネラル成分が疲れを取ってくれる感じ。飲まずに寝るのと飲んでから寝るのでは、次の日の疲れの貯まり具合も違う気がします。

コントレックスペリエほどメジャーじゃないけれど、価格の安さと(500ml 1本当たり送料込みで120円前後)と体への反応がマッチしているところが、今一番のお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この季節でもまだおでんが恋しいです

春から夏の移り変わり、長袖が暑いなぁと思う日があれば、今日みたいに急に冷え込んで寒~い日もありますね。寒がりの私は、まだコンビニで売っているおでんに心が揺らいでしまうのです。

おでんと言えば、防災用非常食。

そんなばかなーって言われるかもしれませんが、ちょっと温めるだけですぐ食べられて、(もちろん常温でも食べられます。)しかものどが渇いているときでも、柔らかくてのどを通りやすく、しかも味はあっさり。体に温かい物が入れば、体と心が暖まる。結構理想の非常食なんです。

非常食というとカンパンやビスケットなど水分が少なく、堅い物が多いのですが、いざとなると緊張していることもあって飲み込みにくい。しかも小さいお子さんがいるご家庭では、食べ慣れない物に対する拒否感も心配されます。
そういうときこそ、いつも食べているおでんなら、数点買い置きしておくだけで、いざというとき結構使えるんですよね。今晩のおかずにもう一品とか(^_^;)非常食って言うと身構えちゃうけど、普段使っている食品で日持ちがするものを選べばいいんですよね。例えばこんな感じ。

レトルト食品おすすめセット(B)
ふるさとおでん4袋、もつ煮込み3袋、肉じゃが3袋、豚汁3袋 がセットになったお得なレトルト食品おすすめセット(B)

これにチンすれば食べられるご飯やお水があれば、大人一人が3日ぐらいは持ちそうな感じがしませんか?非常食ってこれくらい軽い気持ちで考えて準備をすれば良いんじゃないでしょうか。

けれど、レトルトのおでんって、賞味期限がだいたい3ヶ月程度。まめに食べて入れ替えできればいいのですが、そうもいかない、という場合にはTV・雑誌で今話題の一品おでん缶(牛すじ入り)12缶セット「おでん缶」がおすすめ。おでん缶と言えば、今やすっかり秋葉原名物になっちゃいましたが、最近では通販でも入手できます。賞味期限が製造日より3年というのがうれしいですね。

TV・雑誌で話題のおでん缶お買得お試しセット大根・つみれ・牛すじ 3種4缶セット(計12缶)
楽天内最安値!おでん缶お買得お試しセット大根・つみれ・牛すじ 3種4缶セット(計12缶)

余談ですが、おでん缶製造元の天狗缶詰株式会社さんは、本社と製造工場が愛知県にあるんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)