誤飲チェックのすすめ

先日読売新聞の記事で悲しいニュースがありました。

「ガシャポン」誤飲2歳に障害、玩具会社に賠償命令…鹿児島地裁

2002年当時2歳だった子どもが、ガシャポンのカプセルを飲み込んで窒息、今も寝たきり状態になっている件についての訴訟です。判決は玩具会社に事故の危険性を予見できたとということで、賠償命令が出ています。これに対し、メーカー側は

「日本玩具協会の基準(直径3・18センチ以上)を満たしており、設計に問題はなかった」と反論

しているそうです。私は事故の後何らかの基準が変わったかどうかを知りたくて、日本玩具協会のサイトへ基準一覧を探しに行きましたが、どうやら有料で販売されているようで、まだ内容を見つける事は出来ていません。

言われてみれば、最近のガシャポンケースには小さな穴が開いている物もありますね。小さな穴一つで悲しい事故を減らす事ができるのですね。似た年頃の子供を持つ親として、今も寝たきりのお子さんと親御さんの事を思うと、胸が痛くなります。

***   ***   ***

誤飲については以前記事に書いた山中龍宏先生は、子どもの事故予防情報センターが運営するコミュニティサイト「セーフティ・サイト」において、「口に入るものの大きさを示す予防策に効果あり」として、誤飲チェッカーによるチェックをすすめています。

およそ3歳児の口内の大きさとして、直径39mm、長さ51mmの円筒に近い形を用意し、この中にはいるものは、全て誤飲の可能性があるとしています。

わざわざお金を出してチェッカーを買うのは……と思われる方は、家にあるラップの芯が直径35mm程度です。このラップの芯を直径が39mmになるよう斜めに切り、チェッカーに近い形を作れば、身近で簡単に誤飲チェックができます。赤ちゃんをお持ちのお家はぜひ一度身近な物が誤飲の対象になるかどうかをチェックしてみて下さい。

うちも今月末に小さな子どもがたくさんやってきて、パーティをする予定。誤飲チェックが今一度必要になりそうです。


誤飲を気にせず遊べるピースの大きいパズル動物ジグソーパズル-70ピース-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【防犯】ニュースのその後

日々新聞やテレビ、ネットでいろいろなニュースが流れ、忘れ去られていくけれど、自分の身近なニュースはいついつまでも気になってしまう。

数ヶ月前、大手掲示板に「ある市内の幼稚園に向けて殺人予告まがいの書き込み」があった。友人をはじめ、市内の幼稚園に子どもを通わせる父母達は大騒ぎ。「もう事件は起こってしまって伏せている」などととデマが流れるくらい。幼稚園に通っていない幼いお子さんを持つお母さん達は、ただ流れ来る情報を聞いてはおびえるばかり。結局逮捕されたのは、まるで別の所に住んでいる高校生。ネットで適当に園の名前を検索しただけらしい。いい迷惑。

かと思えば、同じ県内の小学校で不審物が爆破した騒ぎがあり、よくよく調べたらかんしゃく玉だったらしい。ニュース第一報を聞いたときは、子どもの送り迎えがさらに厳しく強化されるのか、と気が気ではなかった。

いずれも何事もなくて本当に良かったけど、解決するまでの緊張感は本当に気が重い。ニュースを追い続けて解決するまでは、不安はずっと胸に残ったまま。おかげで小さな記事も読み逃さないよう、新聞は丁寧に読んでいる。

検証少年犯罪 検証少年犯罪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビに教えてもらう

3月1日の事でした。我が家のカーナビは、エンジンをかけると挨拶の後「今日は何の日」と教えてくれるのですが、この日は「防災用品点検の日」だそうです。そういえば9月1日からちょうど半年、袋の点検にはちょうど良い季節ですね。氷砂糖やカリカリ梅って日持ちしそうな割に賞味期限が半年~1年ぐらいだったりして、意外と短いんですよね。
我が家では会社が長期休みに入る時に、オフィスから非常袋を持ち帰り、中身を点検するようにしています。 ちなみにこの日は防災システム研究所所長で防災アドバイザーの山村武彦さんが提唱されている日とのこと。3ヶ月に一度、1年に4回点検することをおすすめしているそうです。

約8食分の食糧品を中心にしたセット避難食品セット 約8食分の食糧品を中心にしたセット避難食品セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)