デビカとセイカ「ふたりはプリキュア」電動鉛筆削り回収

文具卸のデビカが、通電すると火花が出てケーブルが断線するため、約6万台の電動式鉛筆削りを回収、無償で電源ケーブルを交換するそうです。デビカから製品供給を受けているセイカも「ふたりはプリキュア」電動鉛筆削り2万台を回収するとの事ですが、台数がデビカの6万台に含まれるかどうかは定かではありません。この製品は2005年1月29日以前に製造された物。ふたりはプリキュアって初代プリキュアですから、たしかにずいぶん前ですよね……。アサヒ・コムの記事によれば、これまで火災など甚大な被害が出ていなかったため、回収までに時間がかかったようです。

セイカ「ふたりはプリキュア・電動えんぴつけずり」商品の回収・電源コード交換のお知らせ

対象商品 : 電動えんぴつけずり ふたりはプリキュア CN-0422436-A
( 本体背面にCN-0422436-Aと記載されているものです。)
お問合せ先 セイカお客様相談センター 専用ダイヤル 0120-461-085 (受付時間 土日及び祝日を除く午前10時から午後6時まで)
※8月25日・26日は受付させていただきます。

「電動鉛筆削りDES-02」商品の回収・電源コード交換のお知らせ

【対象製品】電動鉛筆削り DES-02(ブルー・ピンク)
Serial No.シールが貼ってあります製品は既に事故を防止する新仕様に変更を行っておりますので、対象外製品となっております。

該当商品送付先・お問い合わせ先
〒463-0054 愛知県名古屋市守山区小六町5-22
株式会社 デビカ お客様相談室
フリーコール0120-92-9575
(受付時間午前9:00~午後6:00 土日及び祝日を除く)
但し、8月25日(土)、26日(日)は受付させて頂きます。

 


大人の鉛筆削りなら……
ドイツDUX社製3段切り替え式削り器

手動でも やっぱりポケモン。
今ならダイヤモンド&パールでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズデザインの日

昨日記事を書こうと思ったのですが、熱が出てダウンです。 昨日8月8日は子どもにとって安全なデザインを考える「キッズデザインの日」、と制定されたようですね。第一回キッズデザイン賞が昨日発表されたのがきっかけなんだとか。制定元のキッズデザイン協議会では、キッズデザインについて以下のように書かれています。

キッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心と健やかな成長発達が見込まれる社会づくりを目指し、本年5月に、企業、団体、研究者、教育機関、医療機関、行政、市民が自主的に集い発足いたしました。

子どもの事故が子どもをユーザーとは想定していないものから多く起きている現状もあり、子どもを取り巻くすべての環境が、親だけの目線や大人の価値観だけでできていないかどうか、今一度見つめ直したいと考えています。つまり、「子ども目線」「子ども基準」を持って、製品やサービスなどのデザイン開発を進める必要があると考えています。

この協議会、 会長は積水ハウスの和田  勇社長以下、役員には凸版印刷、エプソン販売、鹿島建設、コクヨ、サントリー、CSK、ジャクエツ、セガトイズ、セコム株式会社、東急建設、東京ガス、日立製作所、フレーベル館と著名な会社が続きます。

私も昨日テレビで報道されるまでキッズデザインの存在を知らなかったのですが、例えば自動ドアの隙間に躓かないように、ドアの隙間を薄く、一方で滑りやすい素材を使うなどの工夫が紹介されていました。受賞作の中にあった子供用ハサミには感激。刃がプラスチックカバーされていて、刃物よりプラスチックが2mmほど大きくなっているため、紙は切れるけど手は切れにくい優れものでした。商品はこちら。(楽天では販売されていませんでした)

ちなみにこの組織、加盟企業は今日現在44社。まだこれだけなのかとちょっとさみしく感じています。例えば家電の中では松下さん、日立さんは加盟していても、NECさん、東芝さんがまだとか……。行政については7つの市区しかないですね。とても残念。子どもにとって安全に暮らせる環境作りに、もっと多くの企業や社会が関わってくれると良いな、と感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK スタジオパークに行ってきました

もう半月近く前になるのですが、お天気の良い日にNHK スタジオパークへ行ってきました。お目当てはなんと言っても彼。

Nhk2
そう、週末恒例子ども番組キャラクターとの記念撮影会です。今回のスケジュールは「いないいないばぁっ!」のワンワン。「おかあさんといっしょ」のスプーと週替わりで撮影会をするということでした。

撮影会開始40分前に到着したら、見事に最前列\(^^@)/やったー。側転しながら登場するワンワンには、場内から「うぉー」という大歓声。大人の方が盛り上がっていたんじゃないでしょうか。ちなみに帰る途中で次のショーが始まっていましたが、そこではマントを付けたスーパーワンの姿が。あれもよかったかも……。ショー毎でいろいろ工夫されているのですね。

撮影会では、下の子は見慣れない巨大なワンワンに半泣き状態でかちんこちん。しかし、家に帰ってきてからはワンワンを見るたびに大騒ぎ。番組がもっともっと好きになったようです。私は自分の肩に置かれたワンワンの手が、ほかほかだったことに感動しました。ワンワンってあったかいのねー。(ちょっとワンワン風(^_^;))

その昔、下の子がお腹にいるときに一度訪れたこともあり、場内の雰囲気はそれほど変わっていなかったのですが、驚いたのは場内のレストラン。Nhk3
ドラマ連動企画と言うことで、「功名が辻」と「チャングムの誓い」にあわせた定食や御膳がメニューにあったのです。「功名が辻」の御膳は残念ながら売り切れていましたが、「チャングムの誓い」連動企画の「コムタン定食」はまだあったので、そちらを注文してみました。

おいし~い。お肉は柔らかいし、スープの味もとても上品。付け合わせのナムルも一つ一つ手が込んでいます。ゆっくりとかみしめながら「大変良くできていますよ」とハンサングンさまのマネをして遊んでいました(^_^;)

と、これだけで終わっちゃ、「備えあれば憂いなし」ではないので、スタジオパーク出口そばのおみやげコーナーで、まる得マガジンのテキストで気になっていた「実践!わが家の防災対策 いざというときの行動編」を発見しました。今月は今日までの放送で、来月は5月15日から再放送するこのシリーズ。
自宅(一戸建て)で被災したら?、自動車に乗っていたら?、繁華街・地下街で大地震に襲われたら?、海の近くにいたときなどシチュエーション別で自分がどうしたら良いのかを教えてくれるとても役に立つシリーズです。地震が起こったとき自分がどこにいるか、なんてまるで想像つかないですよね。お風呂だったり、トイレだったり、あるいは映画館のような所にいるかもしれない。そんな場所別での対応方法がとても面白く読めました。これまたおすすめであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)