1年以上のご無沙汰です

家族の体調が悪く、このブログも1年以上ご無沙汰でした。
ようやく一段落ついて、ほっと一息です。健康に勝る貯蓄はないとしみじみ感じる1年間でした。

1年の間に子ども達もずいぶん大きくなり、上の子は読書が大好きになり、下の子どももひらがなが読めるようになりました。よく書店や図書館へ足を運んでいますが、春先、入学シーズンだった頃でしょうか。こんな本を見つけました。

主人公「 どこでもいっしょ」のトロは、人間界のルールが分からず、知らない人について行ってしまいそうになるのをお友達が止めてくれるなど……。ストーリー仕立てのコミックがかわいらしく、上の子が「この本ほしいほしい」と大騒ぎで、最近ようやく購入する事ができました。表紙だけでなく中身もキュート。トロの未熟な感じと子どもの様子が上手にマッチングされていて、上手な防犯啓発本だと思いました。低学年の子なら一人でも楽しく読めますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警の不審者情報

神奈川県警のサイトで3月20日から地区別の不審者情報を掲載しています。毎週1回更新予定で、過去3ヶ月分の声かけ、連れ去り未遂などについて、時間、場所、不審者の特徴などの情報が入っているようです。なお今日現在Netscapeではこの内容を見られません。(Internet Explorerでは確認できました)

実際に見てみたので感想を……。
・新聞やニュースで話題になった事例もあり、読んでいるうちに「あ、これは!」と思い出す話がありました。
・思いの外、男子児童に対する声かけがとても多くて、女の子だから気をつけなさい、という問題ではないのだと改めて感じました。

時にはこういった事例を元に、親子で「どうしたら逃げられるか」などを相談できる機会を作るのは良いことかもしれませんね。

こちらの本は小学校低学年向け。巻末には保護者からの指導方法が付いています。お値段もリーズナブル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本】やっぱり当たりでした!大地震発生!生き残るための75の教え

先日記事を書いた

大地震発生!生き残るための75の教え
大地震発生!生き残るための75の教え

ですが、今日書店へ行って購入してきました。タイトルを忘れてしまったので「ニッポン放送から出ている地震の……」とまるでうろ覚えの状態で店員さんに尋ねたところ、「ラジオで放送した本ですね」と一直線に売り場を教えてもらいました。店員さんすばらしいっ!

で、本の中身なのですが、時系列毎にページが色分けされていて、1ページごとに目に飛び込みやすいキーワードとともに補足情報が載っているしかけ。かなり読みやすいです。職場で標語代わりに毎日一ページずつ読んでもよさそうな本です。アナウンサーさんの体験談も載っているようなので、読み進むのが楽しみです。

ラジオはあまり聞かないんですが、この本、評価高いのかなぁ。どうなんでしょう。

TVで紹介されました!携帯電話充電機能津付き。新登場!パワフルラジオ
災害時の情報獲得はやっぱりラジオ。携帯電話も充電できるし、据え置きできる蛍光灯やサイレンも付いてる。これって優れものです。TVでも紹介された「パワフルラジオ」

追記:税込み600円って値段も買いやすいです。高度で難しい内容より、「できること、わかること」の方がいざというとき役に立つと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本】気になる本が出ました

大地震発生!生き残るための75の教え
大地震発生!生き残るための75の教え

昨日貯まってた新聞を読んでいたら、この本の広告が出ていて、妙に気になりました。
なぜかというと、著者が「ニッポン放送」さん、

続きを読む "【本】気になる本が出ました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本】とにかくさけんでにげるんだ

とても有名な本ですね。カナダの小学校では副読本になっていたそうです。迷子になったとき、知らない人に声をかけられたときなど、誘拐や性的虐待に対して、子どもがどうやって自分を守るのかを教える絵本です。子どもがまだ3歳ぐらいの時に買いました。

感想は……結構ショックでした。3歳児の親には早すぎましたが、いずれ子どもが大きくなったときに、こういった危険に遭遇する可能性もあるのかと思ったら、気が重くなりました。子育てって心配ばかりですね。

この本の一番良いところは、「あなたはちっとも悪くない」と子どものケアをしてくれるところ。日本の保護者はトラブルが起きると、まず子どもを責めることが多いけど、それは違うと教えてくれるのは、保護者にとって非常に大切なことだと思うのです。お子さんが読む前に、まず保護者の方がご一読されることをおすすめします。トラブル回避を教える本は色々ありますが、子どもの心のケアまで十分にできているこの本はやはり評価が高いと思います。

(この記事は2006-01-07にso-net blogに掲載しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)