プラス6kg、マイナス2kg(その1)

ブログをお休みしていた1年の間に、いろいろストレスが貯まっていたせいか、体重が6kgも増え、今あれこれ試行錯誤しながら、2kg減まで持ち込みました。
30代以上の女性は、体重が短期間で急激に(5kg以上)増えたら、ホルモンバランスの異常か、婦人科系の病気を疑ってみると良い。一度病院へ行った方が良いのでは、なんてお医者さまに言われ、あわてて元に戻そうと焦っています。

それでも子どもの残り物を食べたり、イライラで暴食暴飲……。せっかくの努力も一瞬で消えてしまう事が多い中、これのおせわになる事が多いです。

【送料無料】サン・ペレグリノ(微炭酸)500mlペットボトル

例えば暑い日にビールをきゅーっと行きたいなぁと思っても、カロリー過多が心配ならば、サンペレをのんで我慢っ。でも我慢だけじゃなくて、この天然ミネラルウォーター、食事もおいしくさせるすぐれもの。イタリア製なので、特にイタリアンによくあいます。ピザやパスタのお供としても最適。食べた後の口元がさっぱりするんですよねぇ。食べ過ぎないように気をつけないと(^_^;)

今は食事の前と一日の最後にサン・ペレは必需品。食事前に微炭酸水でお腹をふくらませておくと、入る食事量も減るし、寝る前に飲むとミネラル成分が疲れを取ってくれる感じ。飲まずに寝るのと飲んでから寝るのでは、次の日の疲れの貯まり具合も違う気がします。

コントレックスペリエほどメジャーじゃないけれど、価格の安さと(500ml 1本当たり送料込みで120円前後)と体への反応がマッチしているところが、今一番のお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食の安全って難しいですね

最近ダイエットに興味があって、カロリーを減らしても骨などに影響が出ないようにと、骨粗鬆症予防効果があると言われる大豆製品(おからや豆乳)をせっせと食事に取り入れていたんですが、昨日のニュースを見て驚きました。

大豆イソフラボンは過剰摂取でホルモン異常をきたすおそれがある。一日30mg程度の摂取が望ましい

とのこと。何事も過剰に取ってはだめなのですねぇ。気になって、食品の中に含まれる大豆イソフラボン系の量を調べるサイトを探したところ、食品安全委員会の「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」のページを見つけました。聞きたかったことがほとんど網羅されているので、気になる方にはおすすめです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【おもちゃ】安価なアクセサリーにご注意!

本日東京都の公式ホームページに掲載された報道発表資料によれば、市販されている100円~1,000円程度の安価な金属製アクセサリーなどに、有害な鉛が含有しているものがあったそうです。
調査した76品目のうち、50%以上の高濃度で鉛を含有しているパーツは32品目もあったとのこと。特に乳幼児が鉛を摂取すると、脳神経系への影響が懸念されるだけに、安価なおもちゃだからと思って遊ばせて口に含んでいると、大変なことになりそうです。誤飲やなめることを避けるように、金属製アクセサリーに子どもが触れないように気をつけた方が良いですね。

有害重金属が心と体をむしばむ
有害重金属が心と体をむしばむ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

【グッズ】水を使わない洗顔水

防災グッズとは少し違うのかもしれませんが、避難生活が長期間になると、
水不足や気軽に体を清められない環境に不快感が出るようです。
体清拭用のシートはありますが、顔まで使うのには抵抗があるところ。
通販のカタログをみていたら、偶然こんな商品を発見しました。
水を使わない洗顔水 (FS洗顔水 ふきとり用化粧水) 250ml水を使わない洗顔水 (FS洗顔水 ふきとり用化粧水) 250ml

水を使わないシャンプーというのは聞いたことがありましたが、化粧水ははじめて。
その通販カタログによれば、フランスでは水を使わずに化粧水だけで
拭き取るだけの洗顔が一般的なのだとか。水質の違いや乾燥した気候
のため、水よりも化粧水の方が肌に優しいのだそうですね。

防災用に一本、乾燥肌の人には毎日使える商品としてもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)